住宅ローン選びについて

男女

無理のないローンを組もう

持ち家志向が強いといわれている日本では、今は賃貸物件に住んでいてもマイホーム購入を願っている家庭も多いといわれています。人生で最も高額な買い物になるといわれているマイホーム購入にあたっては、住宅ローンを組んで購入する人が大半を占めることとなります。高額かつ返済期間が長期間にわたることが一般的な住宅ローンでは、わずかな金利差でも総返済額に及ぼす金額は大きなものとなります。現在日本の長期金利は歴史的な低金利状態で推移しており、住宅ローンを組むには理想的な時期であるという見方もされています。住宅ローンの金利タイプにはフラット35に代表される固定型と、変動型、一定期間は固定でその後は変動型に移行するタイプがありあます。フラット35のような固定型の場合、借入時点での金利が返済期間中はずっと適用されるので、将来にわたって返済額が上がることがないという安心感があります。将来の金利推移の予測は専門家であっても容易ではないので、フラット35にしておけば大きな間違いはないだろうという見方もできます。一方でフラット35よりも変動型の方が借入時点での金利は低いことが一般的ですので、現在の金利推移が当面続くのであれば変動型を利用したほうが有利だという考え方もあります。いずれのタイプを選ぶにせよ、自分たちの家計の支出の見積や収入の推移の予測をしっかりと立てたうえで、無理のない資金計画で購入することが重要であるといえます。