賢い住宅ローンの見極め方

お札

動向を見て借り時を探る

居住用不動産を購入する場合に多くの方が利用することになる住宅ローンですが、数ある商品の中でも人気となっているのが35年間の長期にわたって借入金利を固定することができるフラット35です。フラット35は様々な金融機関が提供しており、その金利は一律ではありませんが、低金利と言われる昨今にあってもその時々で借入時の金利水準はそれなりに上下の推移が見られます。そのため、可能な限りフラット35のメリットを享受するには、その推移を見極めてなるべく金利の下がったタイミングで借り入れるというのが賢いやり方となるのです。この点、日本銀行がマイナス金利を導入する前と後とでフラット35の金利は大きく異なっています。具体的には導入前の平成20年代前半は概ね2パーセント台の後半を行ったり来たりしていたのですが、導入後には1パーセント台前半へと急降下しています。この1パーセント台という水準は、より長期で推移を見た場合でも過去にないレベルであり、新たに住宅ローンを利用するタイミングとしては申し分ないということができるでしょう。さらに、フラット35の今後の金利推移を見極めたい場合には、それと連動性のある新発10年国債の利回り動向をチェックしておくことが重要となります。利回りの数値は新聞などでも毎日公開されていますので、月次で上昇傾向にあるのか下降傾向にあるのかを見るだけでも、早めに動くべきかそうでないかを判断する材料となります。